深夜でもお掃除可能!?次世代の掃除機が登場!

2022年9月26日
アイリスオーヤマ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、ヘッドのダストポケットにごみを溜める独自開発の「ちりとりヘッド」を搭載することで、より高い静音性を実現する「充電式サイクロンスティッククリーナー daspo(ダスポ)」を、2022年10月14日より全国の家電量販店やインターネットサイトを中心に順次発売します。

 

 

近年、コードレスで手軽に掃除できるスティッククリーナーに対する需要が高まっています。その一方で、コロナ禍での在宅時間の長期化や働き方の多様化により、稼働時の騒音のため早朝や夜間に使用できない、ごみ処理や手入れが面倒という不満の声も寄せられています。

今回発売する「daspo」は、ヘッドに搭載したモーターを駆動することでごみを掻き出し、一時的にダストポケットにごみを溜める独自開発の「ちりとりヘッド」により、約45㏈(※1)と高い静音性を実現しています。「ちりとりモード」の使用時は、ターボモードと比較して約1/4の実感音(※2)のため、子どもの昼寝時や家族のテレワーク時、早朝や夜間など、時間や場所を選ばず掃除できます。「ちりとりモード」ではヘッドのモーターの駆動のみでごみを掻き出すため排気がなく、雨天時など換気が難しい場合も空気を汚すことなく掃除できます。またファンモーターを駆動させて吸引する「ターボモード」は、既存品と比較して約2.5倍(※3)と当社の充電式サイクロンスティッククリーナーの中でも最強の吸引力を実現しています。

さらに、サイクロンの円筒部分は髪の毛やごみが絡みにくい新設計のサイクロンユニット(※4)を採用することで、ごみに触れることなく手入れできます。

当社は今後も生活者の暮らしに密着した商品開発を行い、快適な生活の実現に貢献していきます。

 

「充電式サイクロンスティッククリーナー  daspo(ダスポ)」商品特長 

1.「ちりとりモード」で高い静音性を実現!掃除の時間を選ばない
2. 吸引力約2.5倍(※2)で当社の充電式サイクロンクリーナー史上最強
3. 髪の毛やごみが絡まない新設計サイクロンユニット(※4)

1. 「ちりとりモード」で高い静音性を実現!掃除の時間を選ばない

ヘッドに搭載したモーターを駆動することでごみを掻き出し、一時的にダストポケットにごみを溜める独自開発の「ちりとりヘッド」により、約45㏈(※1)と高い静音性を実現しています。「ちりとりモード」の使用時は、ターボモードと比較して約1/4の実感音(※2)のため、子どもの昼寝時や家族のテレワーク時、早朝や夜間など、時間や場所を選ばず掃除できます。「ちりとりモード」ではヘッドのモーターの駆動のみでごみを掻き出すため排気がなく、雨天時など換気が難しい場合も空気を汚すことなく掃除できます。

また、ヘッド内のダストポケットに溜まったごみは、スタンドにクリーナーを立てかけると自動で吸引する「自動クリーン」と好きなタイミングで吸引する「手動クリーン」をスイッチで切り替えることができるのでお手入れの手間を取りません。

2.吸引力約2.5倍(※2)で当社の充電式サイクロンクリーナー史上最強

 

ファンモーターを駆動させて吸引する「ターボモード」は、既存品と比較して約2.5倍(※3)と当社の充電式サイクロンスティッククリーナーの中でも最強の吸引力を実現しています。さらに、排気部分には高性能HEPAフィルターを採用しました。サイクロンでは取り除けなかった微細なごみ・ほこりを取り除くことができるため小さなお子様がいるご家庭でも排気を気にせず安心して使用することができます。

3. 髪の毛やごみが絡まない新設計サイクロンユニット(※4)

さらに、サイクロンの円筒部分は髪の毛やごみ絡みにくい新設計のサイクロンユニット(※4)にしたことで、スムーズに処理できるためごみに触れることなく手入れできます。

 

その他の特長

・「ちりとりモード」使用時で最大約120時間の連続使用が可能。
・ほこり感知センサー搭載でごみの量をランプでお知らせして、自動モード運転時はランプの色と連動して吸引力が変わります。
・LEDライト搭載ヘッドで、家具のすき間など暗い場所でもごみを見逃さずに掃除ができます。

 

「充電式サイクロンスティッククリーナー  daspo(ダスポ)」商品仕様(※5)

※1:JEMA自主基準(HD-10)により測定。当社SCD-S1P「ちりとりモード」時の運転音。
※2:JEMA自主基準(HD-10)騒音測定試験の項目を元に測定。当社SCD-S1Pの「ターボモード」時(SONE値28.6)と、「ちりとりモード」時(SONE値7.2)との比較。SONE値とは、騒音レベルを表すdB(デシベル)に対して実際に聞こえる音の大きさ(実感音)を表した単位。
※3:当社従来品「SCD-L1P」
※4:自社基準【試験方法】人毛(長さ約30cm)0.25gを3畳のフローリングにランダムにまき、ターボモード運転で吸引する。これを10サイクル行う。【試験結果】サイクロンユニットをダストカップケースから引き抜いた際に、サイクロンユニットへからみついている毛量が1サイクルにつき3%以下。(毛の太さや長さ、ペットの種類によってはからむ場合があります。)
※5:商品の仕様は予告なく変更することがあります。
※6:満充電、バッテリー初期温度20℃。

 

プレスリリース提供:PRTIMES