1,000万の家の間取りは?安価に住宅を取得するポイントと注意点

2022年9月8日

住宅の取得は人生に一度の高い買い物といわれますが、できる限りコストを抑えて、理想的な注文住宅を建てたい方も多いでしょう。注文住宅は間取りや外観などを工夫すれば住宅取得費用を抑えることが可能です。

この記事では、コストを抑えて1,000万円で注文住宅を建てられるのか、くわしく解説します。また注文住宅を安く建てるためのポイントもご紹介しているため、マイホーム取得を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

 

1,000万円台で注文住宅は建てられる?

「家は人生で最も大きな買い物」と言われるほど、注文住宅を建てるには大きな費用がかかります。そのため、できる限り費用を抑えたいという人も多いでしょう。
ここでは、1,000万円以下で住宅を建てられるのか、くわしく解説します。

 

1,000万円で住宅を建てるのは可能

1,000万円台で注文住宅は建てることは可能ですが、1,000万円以下となると注文住宅を建てるのは厳しく、規格住宅になることがほとんどです。もしくはローコスト住宅メーカーや地元の工務店での施工となります。
しかし、安価で注文住宅を建てるとなると、建物の形や間取りも制限されるため、住宅の快適さや自由度に高望みはできない点に注意が必要です。

とはいえ、ローコスト住宅だからといって「住宅の質が落ちる」「欠陥住宅の可能性がある」といったことはありません。

「シンプルな間取りの住宅がいい」「時間をかけずに住宅を取得したい」といった人であれば、1,000万円以下の注文住宅でも問題ないでしょう。

 

注文住宅にかかる費用

注文住宅を安価に建てたい場合、何にどのくらい費用がかかるのかきちんと把握しておくことが大切です。どの部分に予算を多くかけるのか、どの部分を妥協できるのか家族で決めておくとよいでしょう。ここでは、注文住宅にかかる費用の内訳をご紹介します。

 

土地代

所有している土地に注文住宅を建てる場合は土地代がかかりません。しかし、土地を持っていない場合は土地購入代がかかります。土地代は、土地の広さや周辺環境、安全面、交通の利便性など、さまざまな要因によって価格が変動します。

いま住んでいるエリアから離れた場所に注文住宅を建てる際は、実際に候補の土地を見に行くことで周辺環境や暮らしたときのイメージをするとよいでしょう。

また長く安全に住み続けるためにも、災害リスクを調べることも大切です。災害リスクは以下のハザードマップで確認できます。

(参考:ハザードマップポータルサイト

 

建築費

建築費は、注文住宅を建てる費用です。間取りや住宅の性能、設備などによって価格は大きく変動します。またハウスメーカーや地元の工務店など、施工会社によっても価格は変わるため、住宅会社選びも重要です。

建築費を安く抑えるためには、複数の施工会社から見積もりを取るとよいでしょう。その際は、間取りや設備など、自分の希望がどの程度叶えられそうかも確認することをおすすめします。

 

外構工事費

外構工事費用は、塀や門、庭、アプローチ、車庫など、建物周りの工事費用です。外構は住宅の第一印象を決める要素でもあります。

外構工事の費用は施工場所によっても異なりますが、玄関アプローチで20〜50万円、ウッドデッキで15〜30万円、カーポートで30〜55万円などが目安です。

1か所あたりの工事費用がそれほど高くなくても、施工箇所が多いほど想像以上の金額になる可能性があるため、注意しましょう。

 

その他の費用

上記以外にも、電気・ガス・水道の引き込み工事費用や、登記費用、住宅ローン借入費用など、注文住宅の取得には細かな費用がかかります。

土地代や建築費用、外構工事費用と比べるとかかる費用は多くありません。しかし、現金一括払いが必要な場合もある点に注意しましょう。また入居に際して家具や家電を購入する場合は、どのくらい費用がかかるか、きちんと予算を立てましょう。

 

1,000万円台で注文住宅を建てる5つのポイント

1,000万円台で注文住宅を建てるためには、費用を抑えるポイントを知っておくことが大切です。費用を少しでも抑えられれば、浮いたお金を入居時の家具や家電に買い換える際にも役立ちます。ここでご紹介する5つのポイントを押さえておきましょう。

 

1.デザインや外観をシンプルにする

建物の形が複雑だと建築費用が多くかかります。複雑な設計であるほど人件費がかかるうえ、外壁の面積やコーナー部分が増えるほど材料費もかかるためです。建物の形はできる限りシンプルな長方形や正方形にすると、建築費用を削減できます。

間取りにおいても、部屋やドアの数を減らしたり、収納スペースをひとつにまとめたりすると、建築費用を抑えることが可能です。

 

2.延床面積を減らす

建物各階の床面積の合計である「延床面積」を減らすことで建築費用を抑えられます。延床面積が少なくなれば、基礎や屋根、外観がすべて小さくなるため、建築費用を減らすことが可能です。

また1階と2階の床面積が同じ場合は、「総2階建て」にするのもよいでしょう。総2階建てとは、1階と2階がほぼ同じ形状の住宅のことです。

総2階建ては建物の表面積に無駄がなく、施工手間や材料費も最小限に抑えられるというコストパフォーマンスの良さが魅力です。

 

3.水回りをまとめる

トイレやキッチン、お風呂などの水回り設備が離れていると、配水管が複雑になってしまうため、費用が高くなります。水回り設備をできる限り近くにまとめることで、コストダウンを図ることが可能です。

 

4.設備のグレードを抑える

住宅設備には、照明・インターホン・キッチン・浴室など、さまざまな種類があります。これら一つひとつの設備のグレードを抑えることも、コストダウンの大切なポイントです。

キッチンひとつとっても、I型キッチンかセパレートキッチンかで価格は大きく異なります。また有名メーカーやおしゃれなデザインのキッチンを選べば、その分料金も高くなるでしょう。

また設備には寿命があるため、お金を多くかけても10年後には買い替えが必要になるケースもあります。快適な暮らしのための便利さは重要ですが、設備寿命や電気代・ガス代などのランニングコストも踏まえ、設備のグレードを検討しましょう。

 

5.優先順位を決める

こだわりたい部分と妥協できる部分など、優先順位をつけるのもおすすめです。注文住宅を建てるとなると、「断熱材を入れたい」「広い庭が欲しい」など、さまざまな要望が出てくるでしょう。

しかし、1,000万円台で注文住宅を建てるのであれば、希望する条件をすべて揃えるのは非常に困難です。優先順位をつけることで、こだわりたい部分は予算を上げ、優先順位の低い部分はグレードを下げるなど、予算配分がしやすくなります。

 

1,000万円台で注文住宅を建てる際の注意点

注文住宅の費用を安く抑えるのに越したことはありませんが、費用を多くかけない分、さまざまな制限があるため注意しましょう。ここでは、1,000万円台で注文住宅を建てる際の注意点を2つご紹介します。

 

快適な住宅環境として満足できない可能性がある

間取りの動線や設備など、費用を抑えたことで、住んでから不便に感じる場合があります。

たとえば、部屋数を減らすとその分子どもが増えた際に窮屈に感じるかもしれません。一度住宅を建てると、部屋の数を増やしたり間取りを変更したりするのは厳しくなります。

またキッチン設備も、グレードを下げたことで料理しにくく感じる可能性もあるでしょう。設備の交換費用も決して安くはないため、後悔しないように慎重にプランを立てる必要があります。

 

維持費やメンテナンス費用が多くかかる

ローコスト住宅だからといって欠陥住宅になるわけではありませんが、建築資材や施工方法も制限されることで劣化速度が早くなる可能性もあります。

劣化が早くなれば、リフォームや設備の交換など、メンテナンス費用が多くかかります。また材質の質感や装飾にも高望みできません。

ローコスト住宅ではメンテナンス面のサービスも少ない可能性があり、定期的に建物の様子をチェックしてもらう必要も出てくるでしょう。

 

まとめ:ポイントを押さえてかしこく住宅を取得しよう!

1,000万円で注文住宅を建てることは可能です。しかし、コストを抑えることで住宅の外観や間取りなど、ある程度制限される点に注意しましょう。また予算内でスムーズに住宅を取得できるように、どの部分にこだわるのか優先順位をつけることをおすすめします。

この記事でご紹介した注文住宅を安く抑えるポイントを参考に、理想的なマイホームを取得してみてください。